2017年5月27日土曜日

福岡・金塊強奪事件の主犯格は根っからのワル 弘道会を後ろ盾にした半グレ集団のリーダー格で

「根っからのワル」福岡・金塊強奪犯、主犯格の悪事と豪遊ぶり 山口組直系組織「後ろ盾」に

2017.05.27



福岡市で昨年7月、警察官を装った男らに約7億5000万円相当の金塊が盗まれた事件で、福岡、愛知両県警に主犯格として逮捕された野口和樹容疑者(42)は、少年時代から犯罪を繰り返してきた根っからのワルだった。数度にわたる服役後も名古屋市を拠点に活動する半グレ集団のリーダー格となり、指定暴力団山口組の直系組織を後ろ盾に悪事と豪遊を繰り返していたという。

海上のクルーザーやパーティー会場で、仲間たちとポーズを決める入れ墨の男。野口容疑者のものとみられるフェイスブックに公開されている画像はその豪遊ぶりをうかがわせている。

捜査関係者によると、野口容疑者は名古屋市を拠点にする半グレ集団のリーダー格。山口組の直系組織で、篠田建市6代目組長の出身母体である弘道会に出入りしていたこともあり、昨年7月の事件以降は東京都内などで高級外車を乗り回し、豪遊する姿が目撃されていたという。

「根っからのワルで、少年時代から事件を起こし、少年刑務所に服役していた。職業訓練所でもリーダー的な存在になり、他の服役囚に声をかけて仲間を増やしていた。制約を受けて動きづらくなるので、組には入らずに後ろ盾にして利用していた。言うことを何でも聞く仲間が数十人はいるのではないか」(暴力団関係者)

出所後には今回の事件で指名手配されている実兄の直樹容疑者(43)ら6人と名古屋を拠点に高級自動車窃盗団を結成。盗んだ車を暴力団関係者や麻薬密売のイラン人らに売りさばいていた。

「高級車を解錠する特殊な技術を使い、車両窃盗や車上荒らしで荒稼ぎしていた。23歳だった1997年には愛知県警などに逮捕されたが、取り調べ中に県警守山署で、差し入れを装った妻が捜査員に催涙スプレーを噴射し、夫婦で脱走する騒ぎも起こし、愛知県警に大恥をかかせていた」(捜査関係者)

懲役5年の判決を受けて服役後の2005年にも愛知や大阪など5府県の家電量販店などで約300件(被害総額約3億8000万円相当)の盗みを繰り返したとして、再び愛知県警に窃盗容疑で逮捕されている。

「野口容疑者はいわば愛知県警にとっては因縁の相手。今回の事件で犯人グループが犯行に着ていたとみられる『POLICE』と書かれた偽のジャンパーなどが山口県で見つかり、付着物のDNA鑑定などによって野口容疑者が浮上した際には県警が色めき立った」(報道関係者)という。

今回の事件で被害に遭った男性らは犯行グループについて「面識がある人はいなかった」としているが、福岡で金塊ビジネスが盛んなことは半グレの間でも広まっていたとされる。そんな情報が野口容疑者の耳にも入った可能性が高い。

別の捜査関係者は「とにかく金目のものに目がない。あると分かればどんどん名古屋から出て行く。情報屋に金を払い、情報を得たのではないか。全国のワルがワルを呼んだ事件だ」と話している。

参照元 : ZAKZAK


「やつらはギャングスター」 金塊窃盗容疑者の知人語る

2017年5月27日05時10分



福岡市博多区で昨年7月、7億5千万円相当の金塊が盗まれた事件を主導したとされる男が事件後、頻繁に海外旅行に行っていたことが、捜査関係者への取材でわかった。福岡、愛知両県警は金塊の売却で得た現金が原資だった可能性があるとみて調べている。

両県警はこれまでに窃盗などの容疑で8人を逮捕。2人を指名手配している。捜査関係者によると、このうち、名古屋市の土木関連会社役員野口和樹容疑者(42)=窃盗容疑で逮捕=と、兄の職業不詳、直樹容疑者(43)=同容疑で指名手配=が事件を主導した疑いが強い。

弟の和樹容疑者は事件後、頻繁に旅行のため出国。逮捕直前も家族でハワイに滞在していたという。一方、野口兄弟ら実行犯グループが事件後、分け前を巡ってもめていたとの情報も両県警は把握している。 盗まれた金塊160キロのうち…

参照元 : 朝日新聞


金塊強奪犯「野口兄弟」 愛知県警が引きずる20年前の因縁

2017年05月25日 09時26分



福岡7・5億円金塊強奪事件を主導したとされる「野口兄弟」は、名古屋では知られた半グレ集団のリーダー格で、地元の暴力団とも付き合いがあったという。そして、事件を捜査している愛知県警にとっては「因縁の相手」だった。

事件を整理しておこう。犯行グループは、昨年7月に警察官を装って金塊を盗んだ「実行犯」と、その後、東京で金塊を売却した「換金犯」の2つに分かれる。

「実行犯の中心は野口直樹容疑者(43=窃盗容疑で指名手配)と弟・和樹容疑者(42=同逮捕)の2人とされ、名古屋の半グレ仲間などを従えて犯行に及んだ」(捜査事情通)

その野口兄弟から換金を頼まれたのが、日刊ゲンダイが報じた通り、小松崎太郎容疑者(40=盗品等処分あっせん容疑で逮捕)で、東京・上野にある永原憲一容疑者(70=同逮捕)の貴金属店に4・3億円相当の金塊を持ち込んだ――ざっとこんな感じだ。

「実は、弟の和樹容疑者は1997年11月、20代前半の頃に高級車窃盗団のメンバーとして逮捕されています。愛知県警守山署に拘置されていた和樹容疑者は、妻(当時)に“脱走計画”を事細かく指示。逃走用の車などを準備させた。1998年1月、妻は同署の取調室にいきなり押し入り、和樹容疑者を調べていた捜査員に催涙スプレーを吹きかけ、その隙にまんまと逃げおおせてしまったのです。用意周到、大胆不敵な“脱走劇”は当時デカデカと報じられ、県警は『ずさん』『大失態』などと散々バッシングされました。和樹容疑者と妻は逃走から6日目に捕まり、事なきを得ましたが、県警にとって“因縁の相手”である和樹容疑者の逮捕に燃えるのは当然でしょう」(県警OB)

兄の直樹容疑者も、20代の頃から窃盗などで捕まっている。根っからの悪としか言いようがない。

参照元 : 日刊ゲンダイ


福岡の金塊強盗 入手先、接点…謎だらけ 被害側も訳あり?

2016.12.25 18:51

福岡市博多区のJR博多駅近くで7月、貴金属買い取り店に運搬中の金塊が盗まれる事件が起きた。アタッシェケース数個に詰められた金塊の総額は約6億円相当。金塊の入手先や犯人グループとの接点に関する被害者側の説明に「うのみにできない部分がある」(捜査関係者)ことから、福岡県警は慎重に捜査を進めている。

被害者の男性らが県警に説明した事件時の状況はこうだ。歩いて買い取り店に向かう途中、警察官の制服を着た複数の男に「警察だ。(アタッシェケースの中身は)密輸品か」と呼び止められた。ケースを手渡すと、男たちは点検するふりをして車で逃走した-。

周辺の防犯カメラ映像の解析を進める県警は、ケースの受け渡しは実際にあったとみるが、男らは制帽を身につけておらず、捜査関係者は「本物の警察官となぜ信じたのか」と首をかしげる。

被害者側は金塊を「前日に転売目的で購入した」と説明。しかし、県警幹部は百数十キロの金塊の管理を警備会社に依頼せず運んでいる点から「訳あり」とみる。その日のうちに警察へ通報したが、被害の直後ではなかった。県警は金塊が密輸品の可能性もあるとみる。

福岡市にある質屋の店員は「1千万円相当の買い取りでさえ、1年に1回あるかないかだ。6億円分の金塊を持ち込まれても、すぐに金を用意できない」と困惑気味に話す。男性らが事前に店側に売却を連絡し、その情報が犯人グループに漏れたと県警はみる。

県警は事件について正式な公表をしていない。

参照元 : 産経新聞

2017年5月26日金曜日

指定暴力団・山口組の二次団体の元会長を殺害した疑いで、共犯者の男を逮捕

暴力団会長殺害で共犯の男逮捕

2017/5/26(金) 11:49配信



おととし、三重県四日市市のビルで、指定暴力団・山口組の二次団体の元会長を殺害した疑いで、傘下組織に所属していた67歳の男が逮捕された事件で、警察は共犯者の47歳の男を逮捕しました。

逮捕されたのは、伊勢市の作業員で元暴力団組員の森田勝弘容疑者(47)です。

警察によりますと森田容疑者はおととし11月、四日市市浜田町のビルで、25日逮捕された、横本武法容疑者(67)とともに、山口組愛桜会の菱田達之元会長(当時58)を、金属製の棒で殴って殺害した殺人の疑いが持たれています。

取り調べに対して森田容疑者は、「現場に行ったことは間違いない」と話し、容疑を一部否認しているということです。

森田容疑者は暴力団組員だったとき、横本容疑者の配下だったということで、警察は横本容疑者を送検し、容疑の裏付けを進めるとともに、動機などを詳しく調べる方針です。

参照元 : CBCテレビ










2017年5月25日木曜日

【山口組分裂抗争】神戸山口組の中心組織「山健組」本部に家宅捜索

“分裂抗争”で神戸山口、山健本部捜索 神奈川県警

2017/05/23 18:45



山口組の分裂を巡る抗争とみて、資料などを押収しました。

23日、兵庫県にある指定暴力団神戸山口組と中心組織の山健組の本部に神奈川県警の捜査員約40人が家宅捜索に入りました。

去年2月、神奈川県厚木市で指定暴力団山口組系の組事務所にトラックで突っ込んだとして、14日、神戸山口組の元組員・井上知彦容疑者(46)が逮捕されています。警察は、山口組の分裂を巡る抗争とみて資料を押収するなどして捜査しています。

参照元 : テレ朝ニュース












2017年5月19日金曜日

ゲーム機を使って客とポーカー賭博をしたとして、指定暴力団山口組直系「弘道会」傘下組織幹部ら3人逮捕

ゲーム機賭博容疑で山口組系組幹部らを逮捕 兵庫県警

2017.5.19 13:18

ゲーム機を使って客とポーカー賭博をしたとして、兵庫県警姫路署などは18日、常習賭博容疑で、指定暴力団山口組直系「弘道会」傘下組織幹部でゲーム賭博店店長、楠山松雄容疑者(59)=同県姫路市岡町=ら3人を逮捕したと発表した。いずれも容疑を否認している。

楠山容疑者の逮捕容疑は17日夜、同市魚町の自身が店長を務める「7チャンネル」で、客の男(36)=単純賭博容疑で逮捕=とポーカー賭博をしたとしている。県警は同日夜、店を捜索し、ゲーム機11台などを押収した。

参照元 : 産経新聞

暴力団員であることを隠して不正に生活保護費を受給した疑い 韓国籍の神戸山口組直系「健心連合会」幹部ら2人逮捕

生活保護費を詐取容疑 神戸山口組幹部を逮捕

2017/5/19(金) 20:07配信



暴力団組員であることを隠して生活保護費をだまし取っていた疑いで、指定暴力団神戸山口組傘下組織の幹部が逮捕されました。

詐欺の疑いで逮捕されたのは、神戸山口組系「健心連合会」副会長の高山勇男こと高聖効容疑者(70)と、本部長の桐島功全こと洪芳一容疑者(64)です。

暴力団組員は原則として生活保護を受けられませんが、高聖効容疑者は去年12月から今月まで生活保護費約60万円を、洪芳一容疑者は約20万円を大阪市からだまし取った疑いが持たれています。

高聖効容疑者は「私は暴力団ではない」と容疑を否認し、洪芳一容疑者は容疑を認めているということです。

参照元 : 関西テレビ










神戸山口組系幹部2人を逮捕、生活保護費の詐取疑い 大阪府警

2017.5.18 11:33

暴力団員であることを隠して不正に生活保護費を受給したとして、大阪府警捜査4課は18日、いずれも韓国籍の指定暴力団神戸山口組直系「健心連合会」幹部、高聖効(70)=大阪市生野区鶴橋=と、洪芳一(64)=同市住吉区苅田=の両容疑者を逮捕したと発表した。高容疑者は容疑を否認、洪容疑者は認めている。

逮捕容疑は、昨年12月下旬~今年5月上旬、暴力団員であることを隠し、大阪市内の区役所から高容疑者は約60万円、洪容疑者は約20万円の生活保護費をそれぞれだまし取ったとしている。

神戸山口組をめぐっては4月末、一部の直系団体の幹部らが離脱し新団体「任侠(にんきょう)団体山口組」を結成したと表明。府警によると、健心連合会のトップは新団体にいったん加わったがその後に神戸側に戻ったとみられ、詳しい経緯を調べる。

参照元 : 産経新聞



「任侠団体山口組」が山健組事務所周辺に集団で現れ、一触即発

一触即発、抗争の懸念も 「任侠団体山口組」の結成裏側

2017/5/18 11:30



6代目山口組から分裂した神戸山口組を割って出て、4月30日に異例の記者会見を開いた任●(にんきょう/注=●は「侠」の右が「夾」)団体山口組(織田絆誠[よしのり]代表)の全貌が明らかになってきた。

兵庫県尼崎市の古川組の組事務所3階の大広間に20人近くのマスコミを集めた記者会見。山口組の「綱領」を背にして池田幸治本部長は、

「神戸山口組の現実は(6代目山口組司忍組長の出身母体である弘道会の)名古屋方式にも劣る、それ以下の悪政でした」

と分裂の理由を説明。

本誌は任侠団体山口組に移籍した組のリストを入手したが、そこには長年山口組の中核を担ってきた山健組の組員がずらりと並び、その数は30を超える。

任侠団体山口組は、これまでの暴力団組織のように、組長をトップにして「杯」を交わして上下関係を誇示するスタイルは取らず、「連合体にする」と表明。リストによると、関西を束ねる「山健同志会」、関東は「山健連合会」、東北は「奥州同志会」という名称で傘下の組をまとめる形をとる模様だ。

記者会見では参加する組や組員の具体的な数は明かされなかったが、捜査関係者によると、

「リストや情報から、少なくとも300人、多ければ500人は超える大きな勢力だ」

と警戒感を隠せない。

一方、神戸山口組も黙ってはいない。任侠団体山口組の結成に合わせて織田代表や幹部への「絶縁状」を送付。山健組は緊急会合を開き、織田代表に対して、

「身勝手な声明を挙げたが、私利私欲以外のなにものでもありません」

と非難した。

当初は、6代目山口組への報復、法にひっかからないよう「偽装」した新組織の結成とも言われたが、神戸市内では互いの組員がなぐり合うなど、小競り合いがいくつも確認され、逮捕者まで出た。5月10日には任侠団体山口組が山健組事務所周辺に集団で現れ、一触即発だった。山健組の組員の一人は本誌に、

「夜も組事務所で待機。何かあればすぐに出動と命じられ、緊張している」

と明かし、抗争への発展が懸念される。

元山口組顧問弁護士の山之内幸夫氏は、

「織田代表は神戸山口組で先頭に立っていたので分裂には驚いた。暴力団には厳しい時代で、三つに割れて抗争になれば、暴力団は絶滅します」

※週刊朝日 2017年5月26日号

参照元 : dot.



任侠団体山口組



任侠団体山口組(にんきょうだんたい やまぐちぐみ)は2017年に、神戸山口組の一部直系組員らが分裂して結成したとされる日本の暴力団である。

元々は、指定暴力団山口組を源流としていたが、2015年に抗争分裂が起き、一部メンバーが神戸山口組を結成。しかし、2017年4月30日、この神戸山口組のメンバーの一部が再分裂して「任侠団体山口組」を結成。これにより山口組を源流とする暴力団は3派に分割することになった。

2017年4月30日の決意表明と称した結成式で、組織については名目上の「組長」は置かないで、神戸山口組系列の中核団体「山健組」の織田絆誠元副組長(当時50)を代表、また「真鍋組」の池田幸治組長(当時50)を本部長とする組織を発表した。

暴対法上、指定暴力団とする場合には「暴力団の威力を用いて資金を獲得」「構成員の一定以上に暴力団特有の犯罪歴」「組長などをトップとした階層的な暴力団特有の組織形態」の3要件が必要と規定されており、組長を置かない任侠団体山口組は暴対法逃れの組織形態になっているとの指摘があるが、警察当局は、分裂でなく内部対立状態であり、今後も神戸山口組の一部として暴対法上の規制対象になると認識している。

なお、5月7日には六代目山口組系淡海一家から分裂した「京滋連合」の結成式に任侠団体山口組の池田幸治本部長らが出席しており、同団体も任侠団体山口組に合流したとみられる。

参照元 : wiki/任侠団体山口組


<関連記事>
「任侠団体山口組」トップが私だけに語ったこと【独占激白】

2017年5月18日木曜日

銭湯で入浴中の客に刺青を見せつけ業務を妨害した疑い 指定暴力団・六代目山口組直系の「淡海一家」の若頭ら4人逮捕

銭湯で刺青見せつける 淡海一家若頭ら逮捕

2017/5/18(木) 19:13配信



今年2月、京都市内の銭湯で入浴中の客に刺青を見せつけて営業を妨害したとして、指定暴力団・六代目山口組直系の「淡海一家」の若頭・上野隆容疑者(55)ら4人が威力業務妨害などの疑いで逮捕され、18日身柄を検察庁に送られました。

警察の調べに対し、上野容疑者らは容疑を否認しています。この銭湯は指定暴力団・神戸山口組と親しい会津小鉄会の幹部がよく利用しているということで、警察は神戸山口組と対立関係にある淡海一家による嫌がらせとみて調べています。

参照元 : 毎日新聞










銭湯で入れ墨を見せつける 山口組系淡海一家ナンバー2ら逮捕 京都府警

2017.5.17 21:52

銭湯で客に入れ墨を見せつけるなどして業務を妨害したとして、京都府警は17日、威力業務妨害容疑などで指定暴力団山口組系淡海(おうみ)一家ナンバー2の若頭、上野隆容疑者(55)=滋賀県守山市古高町=ら組員4人を逮捕した。上野容疑者ら3人は「行ったかどうか思い出せない」などと容疑を否認し、1人は黙秘している。

4人の逮捕容疑は2月10日夕、京都市北区の銭湯に4人で押しかけ、風呂場で客に入れ墨を見せつけるなどして業務を妨害したとしている。

府警組織犯罪対策2課によると、この銭湯は、指定暴力団会津小鉄会(京都市)のうち、指定暴力団神戸山口組寄りの勢力とみられる幹部が普段から利用。淡海一家と同勢力は反目しており、犯行当時、一般の男性入浴客1人が「墨入れたやつ来てるか」などと話しかけられたという。

会津小鉄会は、山口組と神戸山口組の分裂の影響を受け、今年1月から会長の後継をめぐって内紛状態となっている。

参照元 : 産経新聞