2018年1月17日水曜日

札幌の山口組系暴力団「茶谷政一家」の本部に、道警が家宅捜索

<北海道>札幌の山口組系の暴力団事務所に道警が家宅捜索

2018/1/15(月) 18:51配信

札幌の山口組系の暴力団・茶谷政一家の本部に、道警が家宅捜索に入りました。組織の実態解明を進める方針です。

15日午後1時ごろ、道警の捜査員およそ20人が、札幌市白石区にある指定暴力団・山口組系の茶谷政一家の本部に家宅捜索に入りました。

茶谷政一家の構成員・近藤勝美容疑者46歳は、3年前に帯広市内の金融機関で、暴力団員であることを隠して口座を開設した疑いがもたれています。近藤容疑者は容疑を概ね認めています。警察は、組織的に不正に口座を開設していた疑いもあるとみて、調べを進める方針です。

参照元 : HTB北海道テレビ

茶谷政一家



茶谷政一家(ちゃやまさいっか)は、日本の北海道札幌市白石区菊水[要出典]に本部を置く暴力団で、指定暴力団山口組の二次団体[1]。北海道の暴力団「誠友会」から独立した組織で、首領は茶谷政雄。

来歴
2005年8月における六代目山口組の発足と同時に山口組の直系組織(二次団体)となった。

総長:茶谷政雄
1946年生。若年期には東京での暴力団員活動経験も持った。誠友会の最高幹部であった当時の2005年8月における六代目山口組の発足と同時に山口組の直参に昇格。六代目山口組発足時のただ一人の内部昇格者であった。2008年の暮れ(11月)には福岡金光会の金光哲男会長と入れ替わる形で山口組の「総本部当番責任者」の役に就任。2011年(11月)に至るまで同役を務め、翌2012年(4月)には山口組の「幹部」の役に就任している。

参照元 : wiki/茶谷政一家

ヤクザ顔負けの凶暴さ!大阪の「半グレ」と呼ばれる不良集団

「とんでもないワルだ」“奄美の狂犬” ヤクザ顔負けの凶暴さ…再び暗躍する半グレ集団

2017.10.3 09:00



暴力団対策法の相次ぐ改正や暴力団排除条例の制定により、包囲網が狭まる暴力団。その隙間を埋めるように裏社会で存在感を増したのが、「半グレ」と呼ばれる不良集団だ。暴対法などの規制を受けないため実態把握が困難なうえ、暴力沙汰や飲食店への「みかじめ料」要求など傍若無人で凶暴な振る舞いはヤクザ顔負けとされる。

9月、大阪・ミナミでトラブル相手を殴り負傷させたとして逮捕された元格闘家の男も、かつてミナミで猛威をふるった有名半グレ集団の“残党”で、新たな組織を立ち上げ、夜の繁華街で暴れ回っていたという。表立った活動が難しくなった暴力団が半グレを「シノギ(資金獲得活動)の実行部隊」にしているとの指摘もあり、危機感を強める大阪府警は、実態解明に乗り出した。

「K-1」にも出場

7月25日午前0時半ごろ、大阪市中央区東心斎橋。飲食店のネオンがきらめき、酔客でにぎわう路地を歩いていた男女8人ほどのグループが、そばをすれ違った乗用車のボンネットを突然叩いた。

運転していた男性(41)が「なんや」と怒鳴って車を降りると、タトゥー(入れ墨)を入れた屈強な男が突然、男性の顔や頭に強烈なパンチを浴びせた。男性は頭蓋骨骨折の重傷。同乗していた別の男性(47)も暴行を受け、頭などに全治2週間のけがをした。

2人はその場で気を失い、意識を取り戻したのは救急車の中だったという。被害届を受けて捜査を進めた大阪府警南署は9月11日、傷害の疑いで無職、相良(さがら)正幸容疑者(33)を逮捕。同14日には、同じグループのメンバーの男(26)を逮捕した。

同署によると、2人は格闘技団体「強者(つわもの)」(解散)に所属していた元格闘家。特に相良容疑者は、「拳月(けんむん)」のリングネームで格闘技イベント「K-1」にも出場歴があり、出身地の鹿児島・奄美大島にちなんで「奄美の狂犬」と呼ばれていた。

強者は、大阪・ミナミを中心に悪名をはせた半グレ集団だ。関西を中心に「地下格闘技」と呼ばれるイベントを開催し、ロゴ入りTシャツを販売するなどして収入を得ていたが、関係者が数々の暴力事件を起こし、平成25年に解散。元プロレスラーで「格闘王」の異名をとった前田日明(あきら)さん主催の格闘技大会を妨害したとして、翌26年には団体の元トップらが逮捕された。

南署によると、相良容疑者は最近、強者の元関係者らと不良グループ「O7(アウトセブン)」を結成し、しばしばトラブルや事件を起こしていた。

「ミナミで拳月(相良容疑者)を知らない人はいない。とんでもないワルだ」。ある捜査員はため息をついた。

法規制かからず

暴力性を背景に違法行為に手を染める半グレ集団はもともと、暴走族「関東連合」OBのグループや中国残留孤児の2世らを中心とした不良集団「チャイニーズドラゴン」など、首都圏での活動が目立っていた。警察庁は平成25年以降、こうした集団を「準暴力団」と位置づけ、取り締まりを強化してきた。

一方、「本職」であるはずの暴力団は縮小傾向にある。警察庁によると、全国の暴力団構成員数は28年末に約1万8100人で、初めて2万人を割り込んだ。暴対法による規制、さらに全都道府県で暴排条例が施行され、社会全体から反社会的勢力を排除する機運が高まった結果、資金確保が困難になったことなどが要因とされる。

暴力団の代表的な資金源といえば、シマ(縄張り)内の飲食店などからの守り代(みかじめ料)の徴収だが、規制が厳しくなり、暴力団員がおおっぴらにみかじめ料を取るというケースは少なくなっている。

そこで頭角を現してきたのが半グレ集団だ。明確な組織や拠点を持たず、暴対法などの規制の対象外のため、組織実態が見えにくい。暴力団と距離を置く半グレ集団が多いとされるが、捜査関係者は「みかじめ料を要求する半グレの背後に、暴力団の影が見え隠れするケースが増えている」と明かす。

南署は相良容疑者らを逮捕した後、関係先として大阪市中央区にある山口組から分裂した指定暴力団神戸山口組の傘下組織事務所を家宅捜索した。相良容疑者らの活動を、組織の資金源にしていた可能性があるとみて調べている。

飲食店に実態調査

ミナミの繁華街では最近、暴力団ではない不良グループによるとみられるトラブルが頻発している。

8月には、相良容疑者らの傷害事件の現場から約100メートル離れた雑居ビルにあるバーで、店の関係者ら約20人が乱闘になる事件が発生。30代くらいの男性客を日本刀で刺して殺害しようとしたとして、殺人未遂容疑で男(67)が逮捕されたほか、バー経営者の男性(23)に軽傷を負わせたとして男3人が逮捕された。

南署によると、乱闘にはバーの「ケツモチ」とみられる半グレ集団が加わっていたという。みかじめ料をめぐるトラブルが背景にあったとみている。

こうした状況を受けて南署は9月中旬、延べ約70人の捜査員を動員してミナミの飲食店などを訪問し、暴力団や半グレ集団からみかじめ料の要求がないか、実態調査を実施した。

ミナミには約4500の飲食店や風俗店などが軒を連ねるが、調査ではこのうち約750店を回って注意喚起し、実態に関するアンケート書面を配布。「みかじめ料を請求された」「暴力団の名前をかたり脅された」といった証言や、半グレ集団に関する情報が複数寄せられた。

同署によると、府内ではいくつかの半グレ集団が確認されているものの、メンバーや暴力団との関わりについては把握しきれていない部分も多い。同署幹部は「暴力団の資金源を断ち切るためにも、半グレたちを野放しにするわけにはいかない。得られた情報を1件1件掘り起こし、実態解明を進める」と力を込めた。

参照元 : イザ

2018年1月16日火曜日

違法DVDの製造拠点摘発事件、複製元となるDVDを販売していた疑いで指定暴力団山口組弘道会傘下組織の組員(30)逮捕

違法DVDの“複製元”販売か 暴力団組員の男を逮捕

2018/1/14(日) 12:29配信



大阪市で、違法なDVDの製造拠点が摘発された事件で、複製の元となるDVDを販売していた疑いで暴力団組員の男が逮捕されました。

著作権法違反の疑いで逮捕されたのは、指定暴力団山口組弘道会傘下組織の組員、藤尾勇介容疑者(30)で、去年10月、許可を受けずに複製したわいせつなDVDを、販売する目的で所持した疑いがもたれています。

藤尾容疑者は、警察が去年摘発した大阪市港区の違法DVDの製造拠点に、複製の元となるDVDを販売し、利益を得ていたとみられます。

藤尾容疑者は黙秘していますが、警察は売上金が山口組弘道会の資金源となっていた疑いもあるとみて調べています。

参照元 : 関西テレビ







2018年1月11日木曜日

会社社長から現金100万円を脅し取った容疑で準暴力団「チャイニーズドラゴン」と交友のある中国人グループ主要メンバーの男ら2人逮捕

「俺たちはチャイニーズドラゴンなんだぞ」100万円脅し取る 恐喝容疑で男2人逮捕

2018/1/11(木) 17:15配信



会社社長の男性(30)から現金約100万円を脅し取ったとして、警視庁組織犯罪対策2課と池袋署は恐喝容疑で、中国籍の無職、温以鵬容疑者(23)=東京都板橋区中丸町=ら男2人を逮捕した。

同課は温容疑者が準暴力団「チャイニーズドラゴン」と交友のある中国人グループの主要メンバーとみて調べている。

逮捕容疑は昨年8月18日午後、豊島区西池袋の中華料理店に男性を呼び出し、「痛い目に遭わせるぞ。俺たちはチャイニーズドラゴンなんだぞ」などと脅して現金約100万円を受け取ったとしている。

温容疑者らは平成28年ごろに別の飲食店で男性と知り合い、男性から借金をしていたという。

参照元 : 産経新聞



15年前、三重県津市で暴力団幹部が射殺された事件に関与した疑いで、国際手配されていた元暴力団組員をタイで逮捕

15年前の射殺に関与か?タイで男を逮捕

2018/1/11(木) 18:53配信



フェイスブックへの投稿から潜伏先がわかりました。

15年前、三重県津市で暴力団幹部が射殺された事件に関与した疑いで国際手配されていた男が、タイで逮捕されました。

上半身に入れ墨を入れた男。

この写真がフェイスブックに投稿されたことが逮捕につながりました。

不法滞在などの疑いでタイの警察に逮捕されたのは、元暴力団組員の白井繁治容疑者(74)です。

白井容疑者は、2003年7月に、三重県津市で暴力団幹部が自宅で拳銃で撃たれて殺害された事件に関わった疑いがあるとして国際手配されていました。

現地の警察によりますと、去年8月、白井容疑者の写真がフェイスブックに投稿されたことで潜伏先が判明。10日夕方、タイ中部ロッブリー県の公園でチェスをしていた白井容疑者を逮捕しました。

白井容疑者は13年前からタイに潜伏していたとみられ、事件については「関係ない」と関与を否認しています。

白井容疑者は、近く日本に送還される見通しです。

参照元 : CBCテレビ




















国際手配の元暴力団員をタイで逮捕、15年前の射殺事件に関与か

2018/1/11(木) 23:27配信



逮捕のきっかけは、フェイスブックでした。15年前、三重県で暴力団幹部が射殺された事件に関わった疑いがあるとして、国際手配されていた男が10日、タイで逮捕されました。

不法入国などの疑いでタイの警察に逮捕されたのは、元暴力団員の白井繁治容疑者(74)です。白井容疑者は2003年7月、三重県津市で暴力団幹部が自宅で拳銃で撃たれて殺害された事件に関わった疑いがあるとして国際手配されていました。

現地の警察によりますと、去年8月、白井容疑者の写真がフェイスブックに投稿されたことをきっかけに、潜伏先が判明、10日夕方、中部ロッブリー県の公園でチェスをしているところを逮捕されたということです。白井容疑者は、13年前からタイに潜伏していたとみられています。

これまでの調べに対し白井容疑者は、事件への関与については「関係ない」と否認しているということです。近く日本に送還される見通しです。

参照元 : TBSニュース











ススキノの飲食店からみかじめ料恐喝事件で稲川会三代目「越路家一家(こしじや・いっか)」の事務所を捜索

みかじめ料…恐喝未遂で暴力団事務所を捜索

2018/1/11(木) 12:09配信



ススキノの飲食店からみかじめ料を脅し取ろうとして暴力団組員が逮捕された事件で道警は、11日朝組員が所属する豊平区内の暴力団事務所の家宅捜索を始めました。

捜索を受けているのは豊平区にある稲川会三代目の「越路家一家(こしじや・いっか)」の事務所で11日午前10時ごろ、道警の捜査員およそ20人が入りました。

この事件では越路家一家の組員、佐藤貴明(さとう・たかあき)容疑者がススキノのバーの20代の男性経営者に「月5万でやってやる、逆にやりづらくなるよ」などと法律で禁止されているみかじめ料を脅し取ろうとした疑いで、逮捕されています。 道警は、共犯者やほかに恐喝を受けた人がいないか捜査を進めています。

参照元 : HBCニュース









【ちゃんこ料理店経営者・撲殺事件】犯人の男は神戸山口組山健組系の元幹部で前科10犯以上

リンチ2時間 ちゃんこ店主撲殺男は前科10犯の元暴力団幹部

2018/1/11 09:26



あまりにも酷い。なぜ、こんなささいなことで殺されなければならないのか。

昨年12月、滋賀県草津市のちゃんこ料理店経営、糸岡真二さん(60)が客に因縁をつけられ、暴行を受け、殺害された事件。先月29日、傷害致死容疑で滋賀県警に逮捕された不動産仲介業、浜野慶治(46=草津市)と土木作業員、関一也(45=大津市)両容疑者のえげつない犯行の様子が明らかになった。

浜野容疑者らは21日午後7時ごろ、7、8人で「隠れダイニング蔵間 草津店」に来店。午後9時ごろ、男性従業員がシメの雑炊を作ったところ、突然、浜野容疑者が「おまえ、何汚い盛り付け方しとんねん」と激高したという。

「オイ、こら、責任者呼べや」

浜野容疑者はこうドスを利かせ、隣の栗東市内の系列店にいた糸岡さんを呼びつけた。

急きょ、車で駆け付けた糸岡さんは従業員を個室から出して1人で対応。従業員に代わって何度も頭を下げた。謝罪を繰り返す糸岡さんに対し、浜野容疑者らは午後11時15分ごろから翌22日午前1時40分ごろまで、約2時間半にわたって殴る蹴るの暴行を加え、顔や頭部、背中を土鍋で殴打。

従業員によると、個室内からはドン、ドン、ドンと大きな音が続いたかと思うと、しばらくしてやみ、また殴ったり、蹴ったりするような音が断続的に聞こえたという。動揺する従業員に、浜野容疑者のツレが「この場は自分らがおさめるから、警察は呼ばんとって」って通報を止めさせたという。

「事件に巻き込まれたくなかった浜野容疑者の仲間が慌てて店から飛び出した際、ドアのガラスが割れた。ガチャンという音を聞いた近隣の飲食店の店員が様子を見に行ったところ、ドアが壊れていたため、110番した。署員が駆け付けると、室内には割れたグラスが散乱し、糸岡さんがぐったりしていた。足は正座の形にさせられ、上半身は前に折れ、今にも倒れそうな状態で、頭からダラダラと血を流していた。意識はもうろうとし、問い掛けにも答えない。すぐに署員が119番し、従業員に話を聞いたが、何が起きていたか分からない。まさかこんなことになっているとも思わず、うろたえていた。浜野容疑者らは職務質問にも『何も知らんわ』と答え、任意同行にも応じず、隙をみてその場を立ち去ったそうです」(捜査事情通)

糸岡さんは午前4時20分、搬送先の病院で左右肺損傷により死亡。誰か識別ができないほど、顔が腫れ上がっていたという。県警は防犯カメラの映像などから2人を割り出し、逮捕に踏み切った。

「2人とも前科モンですが、浜野容疑者は神戸山口組山健組系の元幹部で、極道の世界でも一目置かれるほどの問題児です。集団リンチのうえの死体遺棄、恐喝、傷害、シャブなど、前科は10犯以上ある。組から破門をくらい、土地のブローカーみたいなことをやっていた。これまでムショを出たり、入ったりの生活を繰り返す粗暴犯です。今回も殺人ではなく傷害致死ですから、せいぜい10年のムショ暮らしがいいところ。ああだこうだ言って、罪を軽くしようと企むはずです」(前出の捜査事情通)

浜野容疑者は「従業員の態度に腹が立った」と供述しているというが、代わりに謝罪をしながら、容赦なく、なぶり殺された糸岡さんがふびんでならない。

参照元 : 日刊ゲンダイ

飲食店でサービスに因縁つけた客2人、呼び出した経営者を殴って蹴って死亡させる

2017/12/29



滋賀県草津市の飲食店で店の経営者の男性に殴る蹴るの暴行を加え死亡させたとして、客の男2人が逮捕されました。

傷害致死の疑いで逮捕されたのは草津市の不動産仲介業・濱野慶治容疑者(46)と大津市の土木作業員・関一也容疑者(45)です。

2人は12月21日の深夜、草津市内の飲食店で、店を経営する糸岡真二さん(60)の顔や背中などを殴ったり蹴ったりして、死亡させた疑いがもたれています。

「顔がすごくはれあがっていて、口唇もパンパンにはれて、誰かわからない状態でした」(近くの店の従業員)

警察によりますと、濱野容疑者らは当時、数人と個室で食事をしていて、店のサービスに因縁をつけて責任者の糸岡さんを呼び出していたということです。

取り調べに対しては大筋で容疑を認めているということです。

参照元 : MBSニュース